So-net無料ブログ作成

資料に名ある男性不明=弁護士殺害―神奈川県警(時事通信)

 横浜市中区の法律事務所で弁護士前野義広さん(42)が男に刺殺された事件で、事務所にあった資料に名前と住所が記載されていた男性が所在不明になっていることが5日、捜査関係者への取材で分かった。神奈川県警加賀町署捜査本部は、男性が事件について何らかの事情を知っている可能性もあるとみて調べている。
 捜査関係者によると、男性は県内に住んでいたが、事件があった2日以降、連絡が取れなくなっているという。
 事務所所長の影山秀人弁護士は「心当たりはないが、前野弁護士が扱っている案件をすべて知っているわけではない」としており、捜査本部は、事務所が受任した案件をめぐるトラブルが事件の背景となった可能性もあるとみている。
 一方、犯人の男は黒いTシャツに白いシャツを羽織り、ベージュ色のズボンをはいていた。大量に返り血を浴びた可能性が高いが、血の付いた服を着た男の目撃証言はこれまで出ておらず、男が事務所近くに止めた車で逃走した疑いもあるとみられる。 

【関連ニュース】
「人違い」主張の被告に実刑=「反省うかがえない」
24歳男が父親を刺殺=新潟
男性刺殺、知人男を逮捕=「金銭トラブルあった」
マンション住民の男を逮捕=男性2人刺殺
通報の男逮捕=勤務先社長の刺殺容疑

「天安門」学生指導者?中国大使館に侵入(読売新聞)
<土壌汚染訴訟>売り主に賠償責任なし…売却後判明に初判断(毎日新聞)
住民「こういう日来るとは」=豊島産廃、調停成立から10年―香川(時事通信)
<民主代表選>「鳩山首相退陣は菅氏にも責任」自民・谷垣氏(毎日新聞)
<民主党>幹事長に枝野氏か 組閣は来週にずれ込む可能性(毎日新聞)
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。