So-net無料ブログ作成
前の10件 | -

生活保護の老齢加算金廃止、初の違法判断(読売新聞)

 70歳以上の生活保護受給者に支給されていた「老齢加算金」の廃止について、北九州市の生活保護受給者39人(70〜90歳代)が「憲法が保障する生存権の侵害にあたる」として、市に廃止決定の取り消しを求めた訴訟の控訴審判決が14日、福岡高裁であった。

 1審・福岡地裁は原告の請求を棄却したが、福岡高裁の古賀寛裁判長は全員について市の廃止決定を取り消した。

 原告側弁護団によると、老齢加算を巡っては全国8地裁で同様の訴訟が起こされたが、廃止を違法と判断した判決は初めて。

 判決によると、老齢加算制度は1960年、「高齢者は食費や暖房費などの出費がかさむ」として創設された。原告らが住む北九州市では、2003年度までは1万7930円を上乗せして支給されたが、厚生労働省の決定により04年度以降は段階的に減額され、06年度までに廃止された。

 福岡地裁判決は「老齢加算金の廃止で、原告らは生活の各方面で制約を強いられたが、『最低限度の生活水準』を下回っているとまでは言えない」とし、請求を棄却。原告側が控訴していた。

 老齢加算を巡る訴訟では、福岡、東京など4地裁で原告側が敗訴。今年5月には東京高裁でも原告側の控訴が棄却された。

「自殺の道連れ忍びない」 海岸に2歳男児置き去り、母と祖母逮捕(産経新聞)
「はやぶさ」帰還を絶賛=蓮舫行政刷新相(時事通信)
両親? 暴行し死なせる=殺人未遂容疑で42歳男逮捕―警視庁(時事通信)
<人事>東京ヘレン・ケラー協会(毎日新聞)
九州新幹線イメージ一新 新型「さくら」公開(産経新聞)

資料に名ある男性不明=弁護士殺害―神奈川県警(時事通信)

 横浜市中区の法律事務所で弁護士前野義広さん(42)が男に刺殺された事件で、事務所にあった資料に名前と住所が記載されていた男性が所在不明になっていることが5日、捜査関係者への取材で分かった。神奈川県警加賀町署捜査本部は、男性が事件について何らかの事情を知っている可能性もあるとみて調べている。
 捜査関係者によると、男性は県内に住んでいたが、事件があった2日以降、連絡が取れなくなっているという。
 事務所所長の影山秀人弁護士は「心当たりはないが、前野弁護士が扱っている案件をすべて知っているわけではない」としており、捜査本部は、事務所が受任した案件をめぐるトラブルが事件の背景となった可能性もあるとみている。
 一方、犯人の男は黒いTシャツに白いシャツを羽織り、ベージュ色のズボンをはいていた。大量に返り血を浴びた可能性が高いが、血の付いた服を着た男の目撃証言はこれまで出ておらず、男が事務所近くに止めた車で逃走した疑いもあるとみられる。 

【関連ニュース】
「人違い」主張の被告に実刑=「反省うかがえない」
24歳男が父親を刺殺=新潟
男性刺殺、知人男を逮捕=「金銭トラブルあった」
マンション住民の男を逮捕=男性2人刺殺
通報の男逮捕=勤務先社長の刺殺容疑

「天安門」学生指導者?中国大使館に侵入(読売新聞)
<土壌汚染訴訟>売り主に賠償責任なし…売却後判明に初判断(毎日新聞)
住民「こういう日来るとは」=豊島産廃、調停成立から10年―香川(時事通信)
<民主代表選>「鳩山首相退陣は菅氏にも責任」自民・谷垣氏(毎日新聞)
<民主党>幹事長に枝野氏か 組閣は来週にずれ込む可能性(毎日新聞)

車内放置で乳児死亡、母親に実刑=裁判員「事件の重大さ分かって」―秋田(時事通信)

 秋田県由利本荘市のパチンコ店駐車場で昨年8月、生後11カ月の長男を車内に放置し熱中症で死亡させたとして、保護責任者遺棄致死の罪に問われた無職堀淳子被告(32)の裁判員裁判で、秋田地裁(馬場純夫裁判長)は21日、懲役2年6月(求刑懲役5年)の実刑判決を言い渡した。
 判決は、以前に車内に放置された長女が体調を崩したことから、被告は危険性を認識していたと指摘。「責任を痛切に感じているのか疑問。愛情をかけて長男を養育してきたことや長女らが被告の帰りを待っていることを考慮しても、酌量減軽した上での実刑が相当」とした。
 判決後、子育て経験のある40代の女性裁判員経験者は「考えられない事件。パチンコすることは悪くないが、子どもが大きくなってからでも遅くないのではないか」と指摘。別の女性は「(残された)長女にはかわいそうだが、事件の重大さを被告に分かってほしかった」と話した。
 判決によると、堀被告は昨年8月27日、同市内のパチンコ店駐車場に止めた車の後部座席に長男龍成君を約3時間放置し、熱中症で死亡させた。 

【関連ニュース】
【特集】裁判員制度
【特集】取り調べ可視化の行方
「国民の積極姿勢、変わらない」=裁判員の名付け親講演
友人暴行死、男に懲役8年=遺体池に遺棄、裁判員裁判
点滴異物注入で懲役10年=母親の娘3人死傷

証券業協会、暴力団データベースを構築 警察庁が情報提供 (産経新聞)
暴行隠しの書類作成、元刑事課長ら懲戒処分 京都府警(産経新聞)
ワクチン接種、22日午前開始=最上位種の牛が陽性―宮崎の口蹄疫(時事通信)
<茨城空港>春秋航空と上海定期便の就航交渉 橋本知事、強い期待感(毎日新聞)
雑記帳 トキのひなに“子ども手当” いしかわ動物園(毎日新聞)

住民側の上告棄却=JCO事故でPTSD−最高裁(時事通信)

 1999年に起きた茨城県東海村の核燃料加工会社ジェー・シー・オー(JCO)東海事業所の臨界事故で心的外傷後ストレス障害(PTSD)を発症したなどとして、被ばくした住民2人が同社などに約5700万円の損害賠償を求めた訴訟で、最高裁第1小法廷(白木勇裁判長)は13日付で住民側の上告を棄却した。
 2人は臨界事故の影響でPTSDを発症したなどと主張したが、一審水戸地裁は事故との因果関係を認めず、二審も原告敗訴を言い渡していた。 

過半数割れなら「みんな」などと連携、と渡部氏(読売新聞)
【新・関西笑談】Salad City KOBE(4)(産経新聞)
青木氏長男の擁立を批判 河野太郎氏(産経新聞)
小沢氏、批判かわす狙い 政倫審“みそぎの場”(産経新聞)
<日中韓外相会談>軍艦沈没「調査見守り」(毎日新聞)

<JR岐阜駅>飛び込み寸前の男性 客3人が制止(毎日新聞)

 10日午後8時5分ごろ、岐阜市橋本町のJR東海道線岐阜駅上りホームに入ってきた大垣駅発豊橋駅行き上り特別快速電車(6両編成)に男性が飛び込もうとしているのを男性客3人が気づき、取り押さえた。岐阜県警岐阜中署によると、男性は同市内の無職男性(52)で、電車の運転席付近の窓ガラスに顔が接触し鼻などに軽傷を負ったが、命に別条はなかった。

 JR東海によると、この事故で上下線計7本が最大51分遅れ、約2000人に影響した。【立松勝】

<堺男児虐待死>逮捕の元内縁の夫 腹部を狙った暴行(毎日新聞)
医師偽った女逮捕=採用し勤務直前−不足に悩む県立病院に・岩手県警(時事通信)
千歳基地 電気工事で収賄容疑、空自技官を逮捕(毎日新聞)
<掘り出しニュース>札幌で民家半焼 飼い主起こし、愛犬焼け死ぬ(毎日新聞)
<子ども手当>一部現物支給を提言…民主党の国民生活研究会(毎日新聞)

パフォーマンス禁止!アキバホコ天再開で協定(読売新聞)

 2008年6月の無差別殺傷事件を受け、安全な街づくりを進めてきた東京・秋葉原地区で、住民側と電気街、商店街が、地域や街を訪れる人々が守るべきルール「秋葉原協定」を策定、協定順守で合意したことがわかった。

 千代田区や警察なども参加する27日の「検討会」で報告される予定で、事件後、中止された歩行者天国再開に向けた議論が本格化する。

 協定は、「安全で安心して歩け、買い物ができるまちにする」ことを目的とし、地元の万世橋地区町会連合会と秋葉原電気街振興会、3商店街振興組合が合意した。路上で違法な販売やパフォーマンスをしないなど道路使用に関する規定や犯罪防止、清掃活動などにより街の美観維持に努めることなどを定めた。5月1日から実施する。地元の住民や商業者だけでなく、買い物などで訪れる人々にも順守を求めていく。

 ホコ天の再開を巡っては、集客のため必要とする電気街などと、慎重な住民側とで意見が相違。事件後、防犯カメラの設置などの取り組みが進んだが、かつての歩行者天国で見られた過激なパフォーマンスや不法占拠などへの懸念が根強くあり、住民側が、道路使用の適正化や犯罪防止への取り組みを盛り込んだ今回の協定策定を求めていた。

 検討会関係者は「歩行者天国再開に向け、大きな一歩になるはず」としている。

<冷え込み>関東中心に冬の寒さ 4月末まで低温傾向続く(毎日新聞)
兼業アルバイト25年、名古屋市職員を懲戒処分(読売新聞)
県内移設反対集会への出席伝える=自民県連幹部に沖縄知事(時事通信)
検察審議決「何も言わない」=首相(時事通信)
河村市長と議会、給与800万円で応酬(読売新聞)

【うわさの逸品】六甲みそ 六甲味噌製造所 兵庫県芦屋市(産経新聞)

 ■オール県産、やさしい味

 ◆その名は「完熟」

 みそといえば、タケヤ、マルコメ、ハナマルキ…。大手メーカー品しか知らない舌には鮮烈な味だった。

 「六甲みそ」。教えてくれたのは知り合いの大学の先生。「おいしいから一度食べてみて」。銘柄名は「完熟みそ」。指ですくってなめてみた。赤みその芳醇(ほうじゆん)な香りが口の中に広がり、鼻にすーっと抜ける。みそってこんな深い味わいがするんや…。感動した。

 兵庫県芦屋市の国道2号沿いにある「六甲味噌製造所」を訪ねた。

 「社長の私も含め従業員14人の小さい会社ですが」。長谷川憲司社長(59)が笑顔で迎えてくれた。事務所では数人の従業員が電話応対に追われている。工場へ案内してもらうと、むせかえるような糀(こうじ)のにおいが。

 「入手しにくい原料が多くて、大量生産ができないんですよ」。かなりこだわりをもっているようだ。

 ◆やめるなコール

 たとえば冒頭の「完熟みそ」は米、大豆、塩など原料のすべてが兵庫県産。最も重要な糀は養父市八鹿町産の「蛇紋岩米(じゃもんがんまい)」(コシヒカリ)でつくる。「語感だけだと、まずそうに思えるでしょ? これがなかなかの優れものなんです」

 実は、一昨年までは長野県産の米を使っていたが、仕入れ先の農家が別の米をつくるようになり、生産をやめようと思ったという。すると、根強いファンの間から「なんでやめるんや」と“やめるなコール”が。

 「ありがたい話です。それなら、原料を変えて続けよう、どうせなら県産のものを使って…と思って米を探していたら、たまたま知り合いの業者から、この蛇紋岩を手に入れまして」

 同じ県産のある銘柄も候補に挙がっていたが、ご飯を炊いて食べ比べてみたところ、「炊きたては、どちらも甲乙つけがたかったんですが、冷やご飯を食べたら全然違いました。蛇紋岩は、冷めてもしっかりと米の味がしたんですよ」。

 米が定まったところで次は大豆。県北部の香住の農家に残っていた「サチユタカ」をこれまた偶然手に入れ、試しに使ってみたら、蛇紋岩と相性がぴったりだった。残る塩も「ここまできたらオール県産で」と赤穂塩を使うことになった。

 ◆洋食とコラボも

 エアコンによる温度調節を一切せず5月ごろから約4カ月間熟成させる。「加温醸造でつくられたみそは、火にかけると成分が壊れやすいんですが、『完熟みそ』は鍋にしても味がヘタりません。天然醸造だから体にもやさしいんです」と長谷川社長は胸を張る。

 同社のみそは和食系はもちろん、多くの西洋料理店でも使われており、「クリームチーズと合わせて、野菜スティックやクラッカーに載せて食べてもおいしいですよ」。ロールケーキの生クリームに混ぜるなど洋菓子とのコラボレーションの話も進んでいるという。

 「みそは日本の食文化を代表する調味料の一つ。海外でも徐々に使われつつありますが、しょうゆと比べるとまだまだです。いろんな食べ方を提案し、世界に発信していきたいですね」

 こんな会社が、身近にあることがうれしい。

 文・古野英明

                   ◇

 【六甲味噌製造所】兵庫県芦屋市楠町11の16。「完熟みそ」(1キロ・税込み2205円)のほか、酒米として有名な山田錦など兵庫県産の原料を使った「酒米仕込み」(400グラム・同945円)▽丹波産黒大豆を使った赤みそ「黒大豆味噌」(300グラム・同662円)▽白、赤だしなど6種類ある「芦屋醸造」シリーズ(300グラム・同441〜536円)▽フリーズドライみそ汁(10個入り・同1470円)など、こだわりのみそを多数種生産している。本社工場や兵庫県内のスーパーなどで販売しているほか、取り寄せも可能(フリーダイヤル0120・658・308)。

                   ◇

 ■田楽、みそ煮、汁もの 口に香りと余韻が…

 清酒「福寿」の醸造元、神戸酒心館が運営する「さかばやし」で、六甲味噌製造所のみそを使った料理を味わった。

 まずはタケノコ、とうふ、アユの田楽三種。田楽みそは、ヨモギ入りの白みそベース、赤みそベースの2種類あり、酒、みりん、卵黄などを加え、みその香りはそのままに、まろやかな味に。しゃきしゃきとしたタケノコ、やわらかいとうふ、独特の香りのある川魚のいずれにも、驚くほどよく合う。

 定番のサバのみそ煮は、サバの濃厚な味と、腰の強いみそがけんかせず見事に調和している。仕上げにタイの頭入りみそ汁。いい香りが鼻孔をくすぐり、一口すすると昔懐かしい味が。口の中にいつまでも余韻が残る。これだけでご飯を何杯も食べられそうだ。

 同店の姫井隆之料理長(56)は「みその味が安定している。工場を見学させてもらったことがあるが、こんなに一生懸命つくっておられるのかと感銘を受けた。作り手の顔が見え、安心感もある」と話した。

                   ◇

 さかばやし 神戸市東灘区御影塚町1の8の17▽TEL078・841・2612▽営業時間 11時半〜14時半、17時半〜22時、年中無休▽お昼は、自家製とうふとおばんざい、煮物、湯葉刺し、せいろ蕎麦、デザートがセットになった「そば膳」(1890円)や数量限定の「寿」(1360円)など。夜のメニューも多種。

                   ◇

 この連載では、広く知られてはいないが味や品質は一級品、という関西産の食材、食品を取り上げる。 

J:COMケーブルテレビ回線電話が復旧(産経新聞)
拉致逮捕状撤回求めず=よど号メンバー「解決に協力」−訪朝支援者に表明(時事通信)
「話した記憶ない」 村木被告、偽造指示を否定 郵便不正公判(産経新聞)
京急線 生麦駅でぼや、5万人に影響 線路歩く乗客も (毎日新聞)
遮断棒折れ1.5万人影響 尼崎のJR福知山線(産経新聞)

雑記帳 「エゾヒグマ館」公開へ 札幌(毎日新聞)

 札幌市中央区の円山動物園に完成した屋外展示場「エゾヒグマ館」が17日、一般公開される。北海道の森をイメージし、ミズナラなど12種の木を植栽。高低差5メートルの丘に池や洞穴を配置し、野生本来の姿を観察できるよう工夫した。

 現在の“住民”は3月にのぼりべつクマ牧場(北海道登別市)から来た「とわ」(雌、2歳)1頭。人間なら小学校高学年ぐらいのおてんば娘だが、走り回って木を引き倒すなど、慣れない“新居”に大暴れ。

 将来的には雄のヒグマを迎えて繁殖する計画。飼育関係者は「お婿さんが来てくれれば、少しはおしとやかになってくれるかも」。【片平知宏】

【関連ニュース】
札幌市円山動物園:また性別判定ミス ライオンとエゾシカ
ホッキョクグマ:双子の父、古巣・札幌へ
ホッキョクグマ:さよならママ 双子の送別会
雑記帳:飼育員モデル「マルヤマン」CD発売 円山動物園
ホッキョクグマ:引っ越しの双子 札幌でお別れ会

男性の復職、なお拒否=免職取り消し判決を無視−阿久根市(時事通信)
<キセル乗車>相鉄が車掌解雇 定期券の入出場記録不正操作(毎日新聞)
競争激しい旧試験(産経新聞)
首相側近と国務副長官が会談へ、普天間協議か(読売新聞)
<文科省>天窓の安全管理の徹底求める通達 鹿児島の事故で(毎日新聞)

<日本医師会館>火災、実は職員の不注意(毎日新聞)

 東京都文京区の日本医師会館で2日、配達業者が届けた鉢植えが発火し応接室の床が焼けた火災で、医師会の60代の男性職員が警視庁駒込署の任意の事情聴取に「はさみが見当たらなかったので、ライターで包装用フィルムを焼き切ろうとしたら引火した」と話していることが分かった。

 駒込署は火災前日の医師会会長選に不満を持つ人物による脅迫事件の可能性もあるとみて捜査したが不審な点はなく、化学肥料の自然発火説まで浮上していた。職員は「火災当日はどうしても言い出せなかった」と話しているという。

 捜査関係者によると、医師会に送られた鉢植えは、1日に行われた医師会会長選の当選祝いに都内の製薬会社が百貨店を通じて贈ったランだった。透明のフィルムでラッピングされており、職員数人で開封していたところ、突然発火。高さ数十センチの火柱が上がり、床の一部が焼けた。

 駒込署は当初、脅迫事件も視野に捜査していたが、発火装置や発火物は検出されなかった。鉢植えの化学肥料が何らかの原因で発火した可能性も検討したが、警視庁科学捜査研究所から「考えにくい」と回答があり、出火原因は謎のままだった。

 署員が火災現場にいた職員らから改めて事情を聴いたところ、男性職員が数日前になって「問題が大きくなり、これ以上迷惑は掛けられない」と落ち込んだ様子で経緯を話し始めたという。駒込署は近く再現実験を行い、最終的な出火原因を特定する。【川辺康広】

【関連ニュース】
日本医師会館:届いた鉢植え、突然発火 けが人なし 東京
日本医師会長選:原中勝征氏が初当選 自民離れ加速も
社説:日医新会長 風見鶏になるよりも
認知症予防財団:東京で設立20年パーティー
【新刊本】『医療崩壊 医師の主張』=唐澤祥人・著

<訃報>秋田徹さん79歳=元川鉄商事専務(毎日新聞)
台場で発煙筒45本燃える(産経新聞)
井上ひさしさん死去=作家・劇作家、「吉里吉里人」など(時事通信)
工藤会会長宅を捜索=ビル発砲、関与の疑い−福岡県警(時事通信)
<陸上>高校駅伝優勝のケニア留学生、退学処分で帰国へ(毎日新聞)

<鈴木副文科相>教員人事権移譲に「理念は共有」と評価(毎日新聞)

 大阪府教委の教員人事権を市町に移譲する計画を橋下徹府知事が5市町長と進めていることについて、鈴木寛副文部科学相は8日の会見で、「民主党が言ってきた地方教育行政のあり方と大きくは違ってはいない。基本理念は共有していると思う」と述べ、前向きな評価を示した。

 鈴木副文科相は、現行法でどのようなことが可能か、法律面で詰めの作業が必要としながらも、「私のレベルで申し上げれば、理念、方向は共有している」と述べた。

 文科省によると今年1月、大阪府教委にある教員の人事権、教員定数の決定権、学級編成基準の策定権、給与負担の4点について市町に移譲できないか、大阪府から問い合わせがあった。法律改正が必要な給与負担を除く3点について、移譲が法律の趣旨や目的に沿うか、総務省など関係省庁と協議が続いているという。【本橋和夫】

【関連ニュース】
原子力副読本:小中学生に配布 エネ庁と文科省
高校無償化:特設電話を開設−−文科省
児童虐待:厚労省と文科省が指針策定
高校無償化:「朝鮮学校対象に」 大学教員の会、文科省に992人要請
文科省:キレる児童の指導法を記述 解説書案まとめる

<霧信号所>根室、小樽の霧笛消える(毎日新聞)
<援護年金>480人分の振り込み遅れる…厚労省ミス(毎日新聞)
立川支部検事を懲戒処分=事件被害女性と交遊−東京地検(時事通信)
100万円を探し出せ! 東京近郊でリアル宝探しゲーム(産経新聞)
<強風>東西線の上下線ストップ、架線に飛来物(毎日新聞)
前の10件 | -

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。